ずばり!受かる履歴書の書き方!


就活や転職活動において必要な履歴書ですが、初めて書く際に「実際はどのようなことを書けばかわからない」「書き方やルールはあるの?」といった疑問がたくさんあるのではないでしょうか?今回はそのような疑問に対し、項目ごとに解説していきたいと思います。

項目ごとの履歴書の書き方について

基本情報

基本情報とは、自身の氏名や連絡先、住所などを記入する欄です。氏名や住所のふりがな・日付は、書き逃しやすいため、注意が必要です。氏名を書く際には、苗字と名前の間に必ず空白を作り、わかりやすく書くのがマナーです。年齢は「満◯歳」とある場合は、記載時の年齢を記入しましょう。また、住所はマンションやアパートなどの建物名まで記入し、住所が長い場合は枠内に収まるか予め確認したうえで書くようにしましょう。電話番号やメールアドレスは、実際に企業からの連絡手段としても使われるため、普段連絡がつきやすいものにしておき、かつ間違いがないように記入をしましょう。

学歴や職歴

学歴と職歴に関してですが、新卒の方は「学歴」のみ記入必須となっています。アルバイトなどは職歴には入らないために、記入しないのが鉄則ですが、契約社員や派遣社員などにおいては「派遣元企業」と「派遣先企業」も含めた記載が必須となっています。学歴は高校入学から記入するのが一般的で、間違えやすいのが入学・卒業年月。必ず自身で再度確認し、間違えないようにしましょう。大学の学歴は学部や学科まで記入し「卒業見込み」まで記入します。

時系列で書く場合、下記が一般的な例です。

▼大学生の場合の記述例

平成○○年3月 東京都立○○中学校 卒業
平成○○年4月 東京都立○○高等学校 普通科 入学
平成○○年3月 東京都立○○高等学校 普通科 卒業
平成○○年4月 ○○大学□□学部△△学科 入学
令和○○年3月 ○○大学□□学部△△学科 卒業見込み

▼大学院生の場合の記述例

平成○○年4月 ○○大学院修士(博士)課程入学
令和○○年3月 ○○大学院修士(博士)課程修了見込み

趣味や特技

趣味の欄には、自身の得意とすることや継続してきた習い事などを記入するのが良いですが、なるべく企業での業務に活かしやすい内容を記入した方が、好印象に繋がりやすくなります。一方、企業からの印象が下がりやすい内容(例えばパチンコや競馬などのギャンブル)は、できるだけ避けましょう。特技の欄には、どのような特技で企業に貢献できるか、自分の得意分野を考えて記入すると良いでしょう。趣味・特技の欄全体としては、自分が面接官にアピールしたい人柄や性格なども考慮し記入する事で、より採用へとつながりやすくなります。

資格

資格の欄には「普通自動車免許」なども含め、自分が持っている資格はすべて書くようにしましょう。その企業に活かしやすい資格は採用の後押しとなりますので、積極的に書くのがおすすめです。資格の欄はすでに「取得済み」のものを記入するので、これから取得予定・勉強中などの記入は避けましょう。

志望動機

履歴書の中で一番重要になってくるのがこの項目です。志望動機には一体何を書けばいいのか、悩む方も多いのではないでしょうか?志望理由は「あなたがその企業を選ぶ理由」をアピールできる欄となるので、自分が応募した企業に興味を持ったきっかけや、働きたい理由を具体的に記入するのが良いでしょう。

・志望動機を書く目的とは?
志望動機を書く目的とは、企業に「なぜその企業を志望するのか」という具体的な根拠を示すことで、より企業への熱意をアピールする為です。また、企業にとっては応募者が自社の採用ニーズに合う人材なのかを確認する為でもあります。企業は多くの応募者の中から、より高い入社意欲を持っている方や、入社後により活躍してくれそうな方と一緒に働きたいと考えています。企業と応募者のミスマッチを防ぐ為にも、志望動機は明確に示す必要があります。

・志望動機を書くときのポイント
志望動機を書くときのポイントは次の2点です。
①「簡潔に、さらに根拠を交えてわかりやすく書く」
②「自分のやりたいこと、経験をもとに書く」

必ずしも「欄いっぱいに長く書けば良い」というわけではありません。読み手が理解しやすいよう、結論優先で論理的に書くようにすると良いでしょう。また、多くの方が志望動機で「その企業の良いと思ったポイント」や「説明会などで聞いた企業の情報」などを書いてしまい「自分の志望理由」ではなく「企業の説明内容」を書いてしまいがちです。志望動機は「なぜその企業に興味を持ったのか」「自分は企業にどう貢献できるのか」「その会社で自分は何がしたいのか」といった、自分の経験や強みを生かせる内容で記入しましょう。コツとしては、結論を述べてから根拠や目標などを記すと非常にわかりやすいでしょう。

本人希望記入欄

本人希望記入欄は、企業で働くうえでの自分の希望事項を記入する欄になります。ただし、好き勝手に希望を書くというのは良い印象を受けないので控えた方が良いです。たとえば、給与希望額や異動不可など、自分に都合の良い内容は避けましょう。持病があったり、家庭の事情で(介護など)異動不可など、やむを得ない理由がある場合はOKです。また、特記事項が特にない場合は「貴社の会社規定に従います」と書きましょう。

いかがでしたか?
意外と知らなかったこともあったかもしれませんね。これから履歴書を書く方は、ぜひこちらの記事を参考に、気持ちのこもった履歴書を書いてみてください!

エリアから探す

業種から探す

こだわりから探す

フリーワードで検索